古希って何?古希祝いはどうしたら良いの?など古希に関する疑問にお答えいたします。 一生に一度しかない古希とはどんなお祝いかを理解し素敵なお祝いにしましょう!

 

 

古希祝いってなに?

(古希祝いとは?)

「古希」は元々「古稀」という漢字でした。

「古」は、古来の「古」、「稀」は「まれ」と読み、めったにはない珍しいことの意。

つまり「古希」とは、「珍しいほどの長生き」ということです。

これは、唐の詩人・杜甫の詠んだ「人生七十年古来稀なり」から出ています。

しかし、現代では70歳は珍しいことではなく、むしろまだまだ元気な方が多いことから「稀」ではなく「希」の字が多く使われるようになっています。

元々の古希祝いは数え年で70歳(満69歳)

古希祝いってなに?

(古希祝いとは?)

「古希」は元々「古稀」という漢字でした。

「古」は、古来の「古」、「稀」は「まれ」と読み、めったにはない珍しいことの意。

つまり「古希」とは、「珍しいほどの長生き」ということです。

これは、唐の詩人・杜甫の詠んだ「人生七十年古来稀なり」から出ています。

しかし、現代では70歳は珍しいことではなく、むしろまだまだ元気な方が多いことから「稀」ではなく「希」の字が多く使われるようになっています。

古希祝いのカラーはなぜ紫色?

今後数年の干支と古希の方は?

古希祝いってなに?

(古希祝いとは?)

「古希」は元々「古稀」という漢字でした。

「古」は、古来の「古」、「稀」は「まれ」と読み、めったにはない珍しいことの意。

つまり「古希」とは、「珍しいほどの長生き」ということです。

これは、唐の詩人・杜甫の詠んだ「人生七十年古来稀なり」から出ています。

しかし、現代では70歳は珍しいことではなく、むしろまだまだ元気な方が多いことから「稀」ではなく「希」の字が多く使われるようになっています。

2019年生まれの有名人は?

古希祝いってなに?

(古希祝いとは?)

「古希」は元々「古稀」という漢字でした。

「古」は、古来の「古」、「稀」は「まれ」と読み、めったにはない珍しいことの意。

つまり「古希」とは、「珍しいほどの長生き」ということです。

これは、唐の詩人・杜甫の詠んだ「人生七十年古来稀なり」から出ています。

しかし、現代では70歳は珍しいことではなく、むしろまだまだ元気な方が多いことから「稀」ではなく「希」の字が多く使われるようになっています。

TOP