古希祝いプレゼントの専門店 古希祝い本舗

人気サービス

翌日発送

古希ベア

FAX注文

お問い合わせ

安心のお買い物

長寿サイトリンク

還暦プレゼント | 還暦祝い本舗還暦プレゼント | 還暦祝い本舗
喜寿祝い本舗
米寿祝い本舗
退職祝い本舗

私たちは人生を輝かせる贈り物で長寿のお祝いをサポートします。

お問い合わせ

サイトマップ


営業日:平日・土曜9時~19時(日曜・祝日はお休みです)

古希祝い本舗の人気ランキングのご紹介

古希祝いのプレゼントとしてオーダーメイドのプレゼントを多数ご用意しています。
古希のお祝いにプレゼントをお届けするだけでなく、古希のお祝いを成功させるためにできることがございましたらご遠慮なくご連絡ください。

古希祝いの専門店
6万人以上の長寿祝いのプレゼントを通してお祝いのお手伝いをしました。古希プレゼントならお任せを♪
全商品無料ラッピング
一生に一度の大切なプレゼントだから心を込めて梱包・ラッピング♪全商品無料でラッピング致します!
ありがとうポエム付き
箱を開けたらありがとうの気持ちの入ったポエムのクリアファイル。ありったけの感謝の気持ちを届けよう!
古希祝いの専門店
メッセージやお名前の入ったポエムに似顔絵など世界に一つだけのオリジナルのプレゼントをご用意しております!
全商品無料ラッピング
急なお祝いやお急ぎの方も安心。名入れ商品も最短で即日に当店から出発できる名入れのプレゼントを数多くご用意しております♪
ありがとうポエム付き
長寿祝いをされたお客様から日々お写真が届いてます!古希祝いをお考えの方は参考に!スタッフもお声が届くのを楽しみにしてます♪
 

古希祝い本舗の想い

プレゼントを贈る理由は、新たな70歳代にむけてのエールと感謝の想い!

想い

「古希、おめでとう」お祝いする想いは人それぞれです。 あなたはどんな想いで大切な方のお祝いをしますか? 共通しているのは「70歳という大きな節目を祝いたい!」という気持ちです。 古希は60歳代から70歳代の人生に切り替わる時。お祝いは、明るい70歳代を過ごしてほしいという思いを伝えるための儀式なのかもしれません。 古希祝い本舗は、70歳という人生の節目に皆様の想いが届くようなプレゼントをご提案したいと考えています。

どんな贈り物をプレゼントすればいいの?

一生に一度のお祝いだから、いつものお誕生日とは違った名前入りのオリジナルのプレゼントが人気です♪

古希祝い本舗での人気の贈り物は、ご両親への贈り物には似顔絵にお名前の入ったオリジナルの似顔絵ポエム、お母様への贈り物にはボトルフラワーの入ったガラスに刻印が出来る商品、お父様への贈り物には宝箱に金メダルを隠したサプライズ商品などなどをオリジナルに仕上げてプレゼントされる方が多くなってきております。

そこには感謝の気持ちのこもったポエムや、メッセージなどが刻まれますので、ありったけの感謝の気持ちをお届けしたいからだと思っております。

プレゼントをお選びされる際にはそのありったけの感謝の気持ちが届く贈り物をプレゼントとしてお選びいただければいいのではないでしょうか。

古希祝い本舗でもスタッフ一同お祝いされる皆様のお気持ちをお届けするお手伝いを精一杯させていただきますので何卒よろしくお願いいたします。

古希祝いコラム

「古希」の「古」は、古来の「古」、「希」は「まれ」と読み、めったにはない珍しいことの意。つまり「古希」とは、「珍しいほどの長生き」ということです。これは、唐の詩人・杜甫の詠んだ「人生七十年古来稀なり」から出ています。 還暦は数えの61歳(満60歳)ですが、古希は数えの70歳(満69歳)となり、昔は短命な人が多く七十歳まで長寿を保つのは本当にまれであったのですが、今日では決してまれなものではなくなっています。

還暦のお祝いでは「赤色」がキーワードですが、古希では、「紫色」がキーワー ドとなります。紫色は、古くから特別な意味を持つ色と考えられてきました。たとえば、聖徳太子の時代。貴族の冠位は紫色が最上位の地位を表す色でした。僧侶でも紫の衣を身につけることができるのは最高位の僧侶に限られて いたほど。その後、こうした考え方は一般にも広がり、紫は気品や風格を備えた色として尊ばれるようになっていきました。また紫色は、心と体のいやし効果がある色。先人達はそれを経験から知っていて、不安な気持ちの時に は身近に紫色のものを置いていたといいます。だから、古希のお祝いには、長寿への敬意といたわりの心が込められた紫色をキーワードにお祝いを。もちろん、紫色にこだわらなくても、その心を大切にしてお祝いをしましょう。

長寿のお祝いを賀寿と言います。長寿の祝いは、61歳の還暦に始まり70 歳・77歳・80歳・88歳・・・と祝いの名称がついています。一昔前ま では、還暦には赤いちゃんちゃんこを贈って派手に祝いましたが、高齢化が 進む現代では、61歳はまだ現役といってよく、70歳の古希からお祝いを することが多くなっています。